自己啓発おすすめ(セミナー・本・自己投資)

自己啓発のおすすめ

自分を成長させ、育てていく「自己啓発」のオススメの方法について紹介しています。

1千万自己投資した私の自己啓発おすすめ→自己啓発といっても、実際どんなふうに学べば良いのか迷ってしまうことありませんか?他のビジネススキル、テクニックと違い自己啓発は内容が捉えにくく、ちょっと曖昧なところがあります。「これでいいのかな・・」と感じることもあるかもしれません。そこで、これまで様々なビジネスセミナーで教え、また自身も多くのセミナーや本で学んできた上原千友がこれまで1千万自己投資して学んできた、自己啓発体験を赤裸々に書いています。
セミナーに行く前にこれだけは知っておきたい!自己啓発で一番大切なこと→セミナーや本で自己啓発について学んでも、それを実践で生かさないと意味がありませんよね。そんな自己啓発実践の際に気をつけておきたいポイントを解説しています。「学び」→「行動」に変えるポイントです。
自己啓発おすすめ 実践における3つのポイント→学んだだけで終わらせない、自己啓発を実践するためのポイントとは?具体的に3つ上げています。ぜひ、これを参考に自分の成長のために役立ててください!
【自己啓発セミナー】すぐに役立つ体験型セミナーは、ブレない。忘れない。押し付けない。→世の中に自己啓発セミナーはごまんとありますが、「役に立たない」との声もよく聞きます。私も「成功法則」などのセミナーを受けていてそう感じることはよくあります。そこで、なぜ役立たないのか、そして、役立たせるためにはどうしたらいいのかを考えてみました。

体感ワーク アドベンチャー研修体験記→体感ワーク「アドベンチャー研修」は屋外で行う、そして実際「体験」をしながら学んでいく、とてもユニークな研修です。この研修は「教わる」のではなく「体験」を通して、自分で発見し、自分で変わっていく、そして実際の日常、現場でも自分を変革していけるそんな内容です。その研修の体験を紹介します。

 

自己啓発本のおすすめ

 
自己啓発ベストセラーを作った私がすすめる自己啓発的な本

→これまで、「一流役員が実践してきた 仕事の哲学」10万部 「英語は『インド式』で学べ!」累計16万部 「超一流の雑談力」累計62万部のベストセラー制作に関わってきた私がビジネスの自己啓発だけに縛られず、「自分を高め、成長させる」ための「自己啓発」にふさわしい本を厳選しました。

【オススメの本】
↓ ↓ ↓ ↓
「学力」の経済学 中室牧子著
「自分を超え続ける」南谷真鈴著
「仕事の哲学」安田正著
「親のようにならない」が夢だった 加藤秀視著
「まんがでわかる 働く君に贈る25の言葉」

自分を変える、成長させる記事

◆つまらない人生を一瞬で変えるたった1つの考え方

◆やる気が出ない時にする、タイプ別「やる気スイッチの入れ方」

◆思わず応援したくなる人とは・・・11個にまとめてみた

◆個性的な人になる秘密は〇〇にあった!

◆自分から話しかけられない人が、変われる2つのコツ

◆勉強で三日坊主を克服する3つのコツ

◆これだけだったのか!誰でもスグできる究極の不安解消法

◆自分らしく生きるためのはじめの1歩になる、バランス運動

◆やりたいことが見つからない20代に必ず踏んでほしい、4ステップ

◆忍耐力を鍛えるには、○○○を鍛えよう:具体例紹介

◆ブログを書くことで自分を成長させる5つの理由

◆ママ友、同僚、女子会・・・女子問題に対する心得 

 

上原千友
瞑想インストラクター・人材育成トレーナー(体験型ワークショップやっています!)・早稲田大学非常勤講師
東京都内小学校の教員の後、法人向け企業研修会社で研修コンテンツ開発、講師などを行い、その後独立し、研修会社を設立。現在、人財育成トレーナーとして体感研修、瞑想を教えている。
これまでに指導してきた内容は英語、コミュニケーション、ライティング、カウンセリングと多岐にわたる。
研修実績(一部):自動車会社、金融、IT業界などの大手企業を中心に、財務省、人事院、海上保安庁など各官庁、また早稲田大学理工学術院、東京大学、お茶の水女子大学他、大学でも教鞭をとる。
著作:「ロジカル・ライティング」(日本実業出版社)「なるほど ナットク! ビジネス文書の達人になるためのQ&A41 」(ダイヤモンド社)(いずれも共著)

「自分を変えたい」「自信を持ちたい」「迷わない自分になりたい」・・・・そんな時、いくら頭で考えても
変わることはありません。「体感覚」から変化をうながしていく、そんなユニークな体験してみませんか?

「学ばない」自己啓発セミナー
「体験型」ワークショップ
「自分を変える扉を開く 3ステップ」はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓
自分を変える扉を開く 3ステップ詳しくはこちら

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP