イギリスの学校でたまげた思い出

もう、15年も前になりますが、
イギリスへスクールインターンとして
St.Philip Schoolという小学校に滞在しました。

(かなり年季の入った写真)

私立のキリスト教の小学校でした。
1年間いさせてもらって、
折り紙や習字、日本の歌を教えたり
担任の先生のアシスタントをしたり
と楽しい日々でした。

そんな中で日本の学校とイギリスの学校の
違いは確かにありましたね。

いいところ、悪いところ当然ありました。

一番印象的なことをひとことで言うと
イギリスの学校は
「自由で、いい加減」

日本の学校は
「管理的で、きちんとしている」
というところでしょうか。

これはそのまま
イギリスと日本の文化の違いとも言えます。

ではその
イギリスの小学校でたまげた思い出を紹介しまーす

*給食の前に手を洗わない。
→1年間洗ったところを見たことがなかったです。
日本では子供にしょっちゅう「手を洗いなさい」を
連呼しているので、本当に違うなーと思いました。
正直、それによってなんかの集団感染とか問題はなかったです。

*「誕生日だ」「○○の日だ」と言っては、しょっちゅう、
チョコレートを持ってきて食べている


→これはどうかと思いましたね。。。キットカット食べすぎ。
大人も、だからみんなデ○なんでしょうー。
本当アメリカみたいに肥満度が、病気レベルですもん。
それと日本では学校でお菓子を食べることが、
なんとなく「あってはならないこと」くらい
ダメなことになっています。
だから、逆に遠足とか嬉しかったりしますよね。
子供の健康を思うとチョコレートは学校では食べない方がいいと思う。

 

*体育の授業で先生が普段着のまま教えている
→私も小学校の教員をやっていた頃、いわゆる「口で教える体育」を
やっていました。そんな何から何まで、自分で実演できません。
しかし、イギリスの先生たちはそれに輪をかけていい加減。笑
着替えないで、何も実演せず、笛を吹いていましたー。
でも、日本ほどの種類はないですが、跳び箱とか、バスケット、
サッカーなんかも授業でやっていましたね。

 

*水泳の授業で準備運動をしないで、いきなりプールに飛び込む


→これも本当にたまげました!だいたいプールはない学校が多いので
隣の学校のプールに行きました。しかも、大きい子達だけです。
そして、水着に着替えたらいきなり「Redy GO!! レディー ゴー」と言って
次々にプールに飛び込んで泳ぎ出してた・・・
「えっ、準備運動とかは??」そんなことする間もなく・・・
・・・ありえん・・・

運動会はふざけた競技ばかり
→スプーンの上にジャガイモ乗せて走る
「スプーンレース」とか


片足をティッシュの箱に入れて走る
「シューズボックス」とか
頭の上に何かを乗せて走る競技とか
そんなのばかり。
応援団なし、行進なし、運動会の歌なし、ダンスもなし。
2時間くらいで終わります。

一応テキトーながらも、色別のチーム対抗になっていました。
それで、ぬいぐるみを持って応援するのがイギリス式の応援の流儀でした。

日本の運動会は1ヶ月みんなで練習を毎日します。今もそうです。
そして、大抵ダンス、団体競技、徒競走をします。
学校の一大行事ですね。
「こんなに練習やって意味あんの?」って教員の頃思っていましたが
どうなんでしょうね。運動会の練習の教育的意義。。ダンスとかは楽しいですが
行進の練習とか吹奏楽のパレードとか意味あんのかなー。
子供も先生もむちゃくちゃ忙しい、慌ただしいんですよね。。

修学旅行(フランスへ行った)の思い出

→一番上の学年は修学旅行はフランスへ行きます。。。というと
「すごーい」って感じですが、ドーバー海峡のトンネル使っていくと
フランスのノルマンディ地方へはだいたい半日くらいでいけます。

これに一緒に行ったのも、すごくいい思い出。

行き帰りのバスではいつでもお菓子を食べていい
→これもありえん!ずっとお菓子食べているからデ○になるんでしょうー。
呆れますね。。。日本の学校では時間外でお菓子食べたら、取り上げられますね。。
軍隊的ですが、でも子供の健康にはいいと思います。

 

夜中の12時までダンスパーティーをしている
→これは超楽しかったなー。みんなで夜中まで汗だくで
「マカレナ」踊ってましたから。
こういうやつ

すごいいい運動です。
「修学旅行で夜中の12時までダンスパーティーをしている」
とか日本の小学校ではありえません。

ふと、私が日本の小学校の修学旅行の引率で
9時消灯後、何度も何度も各部屋を回って
「寝なさい。寝なさい。」
と言っていたことを思い出しました・・・・
もう、ワクワクしすぎて寝れないよねー。

逆にこのくらい、夜中まで踊って疲れさせたら
バタンと寝るかもしれない・・・・

夕食は正装
→人数の少ない私立の学校だったせいか、夕食は正装で。と言われていました。
でも、まぁちょっと気取ったワンピースと男の子はスーツ的な服
お父さんの革靴借りてきている子がいて、面白かった。

フランス料理といっても、やはり子供が泊まる宿・・・・
そのくらいのレベルでした。デザートはスーパーで売っているプリンだし。

私からすると「こんな程度で正装って、ちょっと気取ってやがる・・・」って
感じでした。

ちなみにこの修学旅行で、いちばーーん驚いたのが
ランチのサンドウィッチをみんなで公園で食べていた時、
先生やその他の職員の人たちが
「ねぇ、千友もワイン飲まない?」
とすすめてきたことです。

「えっーーーーーーー、修学旅行で子供達の前で、先生がワイン!!」

残念ながら、これは日本では新聞に載りますね・・・・

「小学校の教員、修学旅行中の昼食で飲酒!」とかね・・・

ということでまだまだ色々なことがあった、イギリスでの小学校。

一生の思い出です。そしてイギリスは私の故郷。

どちらがいいとか悪いとかでは全然ありません。

「自由で、いい加減」なイギリスと
「管理的で、きちんとしている」日本。
このたまげたエピソードだけでも、この小学生たちが
環境の影響を受けて、
大人になった時に、どうなっているのか
なんとなく想像できるでしょう。
まさに、学校=社会の縮図ですね。

**************************

上原千友
瞑想インストラクター・人材育成トレーナー(体験型ワークショップやっています!)・早稲田大学非常勤講師
小学校の教員後、法人向け研修会社でコンテンツ開発、インストラクターをする。

日本一わかりやすく瞑想が学べる本を無料で読めます

私は瞑想をはじめてから、


あれこれ迷ったりすることがなく

瞬時に直感でなんでも決断できるようになりました。


頭がごちゃごちゃになったとき


先が不安になり、


心がざわざわするとき


考えても仕方ないことを何度も何度も考えてしまうとき


そんなとき、瞑想をします。

すると・・・
頭がスッキリし、
未来の不安ではなく、
今目の前のことに集中できるように

そして

3秒で優先順位が決められるようになります。

イライラがなくなり
ネガティブな感情を持つことが
ほとんどありません。

むしろ、なんでも「ありがたい」です。

そして、そんな感謝の気持ちで
いられるせいか
周りの人が応援してくれることが多くなりました。

何より、瞑想をすると
「本当の自分に気づくこと」ができ
「自分らしくあること」ができます。

それを頭ではなく、体感することができます。

「自分らしくあること」は
自分を最大限に生かし
自分自身を大切にできること・・・
そんなこととも繋がっています。

ぜひ、多くの人に
瞑想の絶大な効果について
知って欲しくて、ブログを書いて
情報発信しています。

もし、興味あれば
そんなことを知ることができる
メルマガを読んでみてください。

メルアドで登録すると「日本一わかりやすく瞑想が学べる本」が読めます!

ぜひ「あなたらしくある」第一歩を踏み出してみてくださいね。

↓無料プレゼント付きメールストーリーを読んでみる↓

 



  *


 

人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

ただのストレス解消法だけでない、
人間関係、仕事、恋愛、家族
お金、健康・・・それら「人生を変える力」を持つ瞑想の基本をお伝えする電子書籍。
アマゾンキンドル「リーダーシップ」「思想・哲学」カテゴリで堂々1位!!

今だけ無料で公開しています。

(メルマガ登録で受け取れます)
人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

日本一わかりやすい自己啓発・瞑想インストラクター。これまで小学校の教員として、また、大学生、社会人、外国人に講師として約1000人以上、のべ1万時間の授業・セミナーを行ってきた。特にビジネスパーソン向けの「わかりやすい話し方」研修の経験を踏まえて、「日本一わかりやすい体験型自己啓発・瞑想セミナー」を実施中。