瞑想のやり方とその注意点 

瞑想をする際に注意すること

最近、だいぶ瞑想(めいそう)をする人が増えてきましたよね。
それもそのはず・・・
瞑想には本当に多くの効果があるのです。
ごく一部ですが
・集中力の向上
・ストレスの軽減
・不安の解消
・深い休息効果
・不眠の解消
・記憶力の向上
などです。

しかし、ちょっと気をつけなければならないのは「やり方」を間違えてはいけないこと。

違ったやり方をしても効果はでません。

ですから、ぜひ、やり方をしっかり学んで始めてみてください。

本当は、ちゃんと指導者に教わるのがおすすめです。
瞑想はシンプルがゆえにやっていても
「これでいいのかな?」とわかりづらいことがあります。

そんなときに指導者に質問してみたり、実際やり方を修正したりしてコツを掴んでいくものだからです。

ただ、そんな人が身近にいない場合にはこの記事を参考にしてやってみてくださいね。

まず、瞑想のやり方を解説する前に、注意点をいくつか解説したいと思います。

瞑想に入る前に環境を整える

静かな環境にする

これは必ず整えるようにしましょう。
ちゃんと静かな、そして瞑想を中断されることのないように周りの環境を整えてください。
・戸や窓を閉める
・誰も入ってこないようにする(家族やペットなど)
・時計の音が気になるようであれば、どかす
・スマホの電源はオフ(プッシュ通知なども気になります)
・外の車が通る音などが気になる場合には、耳栓をする
と、このくらいは気をつけましょう。
そのくらいしないと人は外からの刺激に意識がいってしまいます。

ですから、ヒリーリング音楽をかけるとか、瞑想の音声ガイドがずっとしゃべっている、のはおすすめできません。

これも外に意識がいってしまうからです。

時計で20分測る、タイマーをかけない

私がお伝えしている瞑想は20分間行います。
それにも理由があって、人はいつも日常生活を背負っていますからすぐに「はい!瞑想モード」とは切り替えられないのです。

ある程度、静かに心を落ち着け、瞑想に入っていく時間が必要です。
そのため20分間はかる必要があります。

そのとき、ついついタイマーを使いがちですが、これもおすすめできません。
なぜなら、静かに瞑想をしているとタイマーの音はとても驚きます。

せっかく心を静かにしていたのに、
「ピロローーーーーン」と鳴ったら、もう慌てて「ドキドキ」としてしまいます。

そこで、腕時計で測ってください。
最初は、時々目を開けて時間を確かめても構いません。
そのくらいで、すごい気が散るというこはあまりないでしょう。
最初は、時計が必要ですが、続けているうちに必ず20分わかるようになってきます。

ですから、腕時計で時間は測るようにしましょう。


座っておこなう

あとでやり方は詳しく説明しますが、座り方は自由です。
あぐらでもいいですし、壁に寄りかかって足を伸ばしても、また椅子に座ってもオーケー!

大事なことは、ラクに座るということです。

坐禅のように座り方は決まっていません。
とにかくラクに、ちょっとでも不都合があればラクな座り方に直してください。

無理をしないこと、がとても大事です。
 

寝てしまってもOK! 雑念が出てきてもOK! 

よく「瞑想中寝てしまう」
「瞑想中雑念が出てしまう」といわれることがあります。

それら全てOK!です。

「無」になろうとする必要はありません。
また、雑念などを無理に払いのけようとすると、ますます雑念が出てきてしまいます。

とにかく、眠気が出てきても、雑念が出てきても気にせず続けましょう。

リラックスして行う

瞑想をするときにはリラックスしている状態がベストです。
無理せず、自然体で、そしてがんばらないことが大切。

どうしても、日頃の気になることが出てきやすいですが、フーーーーっと息を鼻から吐いてリラックスして始めましょう。

リラーックス



瞑想のやり方 シンプル5ステップ


ステップ1 座る


コツ1 もし、床に座るのだったら座布団などを
2つ折りにして、お尻の下に敷くといい

コツ2 手のひらは上向き

コツ3 体を左右に揺すって、お尻の下のコリコリした骨、
坐骨(ザコツ)を床に突き刺すイメージ


ステップ2 まぶたを閉じる

コツ  ぎゅっと閉じずに、目を閉じたまま
下向き45度くらいを見ているイメージ

ステップ3 深呼吸をする

コツ1 ゆったりと深呼吸を10回くらい繰り返す
コツ2 鼻から吸って、鼻から吐く腹式呼吸
コツ3 深呼吸のリズムは 吸って3 吐いて6 くらいのカウントで

ステップ4 20分間そのままの状態で座り続ける


コツ 自然な呼吸で行う


ステップ5 5分くらい横になる


コツ ただゆったりと・・・

そして・・・
ゆっくり起き上がる

まずは、これだけです!

カンタンですよね。

最後に横になるのは、なくても構いません。

そのまま寝てしまうこともあるので、注意です!

瞑想の終わったあと・・・

瞑想が終わった後も丁寧に行わなければなりません。
 

急に動かない、目を開けない

いきなり、パチっと目を開けて動き出すのはやめましょう。
タイマーと同じで、瞑想でたいていの場合ボーッとしているので、急に起きるのは体にも心にもよくありません。

徐々に目覚めさせていくことが大事。

・何度がまばたきをする
・体を揺すったり、手足を少しずつ動かす

など何事もゆっくりと戻していくことがポイントです。

何度か深呼吸をする

徐々に目覚めさせていくためには、何度か深呼吸をしてみることがおすすめです。

そして、ゆっくり目を開けるのです。

ボーーーっとするけど、その後スッキリ!

瞑想直後はボーーーーーっとしているのが、普通なのですがその後、元気がやる気が出てくる、スッキリとしてきます。

これは特に瞑想を習慣として続けていると、かなりスッキリ感を感じられるようになってきます。

実際、最初に挙げた効果の多くが出てくるようになります。

ただ、逆にいうと効果を求めすぎるとその効果ばかり気になって、他の効果を見落としがちですし、


そもそも瞑想の本質は「効果を求める」ということではなく、自分自身の本質、本来の自分に近づくということですから、まぁ、そんなに気にせずに。

むしろ、何も期待せずにやった方がよいでしょう。

こんなふうに本当にシンプルな健康法なので、ぜひみなさんにやっていただきたいな、と思っています。

今では、私にとって瞑想はなくてはならないものになってしまいました。

日頃、仕事も日常生活も頑張っている、または日常疲れている人、ほんのちょっと非日常を味わって本来の自分に戻ってみませんか? 

日本一わかりやすく瞑想が学べる本を無料で読めます

私は瞑想をはじめてから、


あれこれ迷ったりすることがなく

瞬時に直感でなんでも決断できるようになりました。


頭がごちゃごちゃになったとき


先が不安になり、


心がざわざわするとき


考えても仕方ないことを何度も何度も考えてしまうとき


そんなとき、瞑想をします。

すると・・・
頭がスッキリし、
未来の不安ではなく、
今目の前のことに集中できるように

そして

3秒で優先順位が決められるようになります。

イライラがなくなり
ネガティブな感情を持つことが
ほとんどありません。

むしろ、なんでも「ありがたい」です。

そして、そんな感謝の気持ちで
いられるせいか
周りの人が応援してくれることが多くなりました。

何より、瞑想をすると
「本当の自分に気づくこと」ができ
「自分らしくあること」ができます。

それを頭ではなく、体感することができます。

「自分らしくあること」は
自分を最大限に生かし
自分自身を大切にできること・・・
そんなこととも繋がっています。

ぜひ、多くの人に
瞑想の絶大な効果について
知って欲しくて、ブログを書いて
情報発信しています。

もし、興味あれば
そんなことを知ることができる
メルマガを読んでみてください。

メルアドで登録すると「日本一わかりやすく瞑想が学べる本」が読めます!

ぜひ「あなたらしくある」第一歩を踏み出してみてくださいね。

↓無料プレゼント付きメールストーリーを読んでみる↓

 



  *


 

人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

ただのストレス解消法だけでない、
人間関係、仕事、恋愛、家族
お金、健康・・・それら「人生を変える力」を持つ瞑想の基本をお伝えする電子書籍。
アマゾンキンドル「リーダーシップ」「思想・哲学」カテゴリで堂々1位!!

今だけ無料で公開しています。

(メルマガ登録で受け取れます)
人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

日本一わかりやすい自己啓発・瞑想インストラクター。これまで小学校の教員として、また、大学生、社会人、外国人に講師として約1000人以上、のべ1万時間の授業・セミナーを行ってきた。特にビジネスパーソン向けの「わかりやすい話し方」研修の経験を踏まえて、「日本一わかりやすい体験型自己啓発・瞑想セミナー」を実施中。