モーニングルーティーンおすすめ5選【科学的根拠あり】 

朝を制する者が人生を制する

youtubeでは「モーニングルーティーン」がおおはやりですね。

まぁ、朝の大事さはわかります。
実際、朝グダグダになってしまったときの気持ちの焦りって大きい
「うわー、もう昼か・・・何もやってないぜ・・・」

落ち込むというか、アセるそんな気持ちになります。
そして、朝が1日のうちでも一番はかどるのはよくわかります。

実はそんな朝をもっともっと充実させ、

できれば効率よく仕事などをサクサクすすめる

活動おすすめ5選をご紹介したいと思います。

1 起きたらすぐ、レモン+塩水を飲む

これは、実は私も実践しています。
朝、かつて水だけは飲んでいました。
まぁ、喉がカラカラになっていますもんね。
私たちの体は夜寝ている時に平均約500ml、多いときには1リットル水分が失われているそうです。

だから、本当は寝る前にもあらかじめ1杯水を飲んだ方がよいそうです。
それに加えて、レモン+塩水を飲むようになりました。
きっかけは医師の石黒先生のyoutube動画です。

人は寝ている間にそれだけ水分が失われているわけですが、それは単純に水だけでなくて、体の水分とは水+栄養素なのですよね。
ですから、ビタミン豊富なレモンと失われた塩分もあった方がベストなのだとか。
私はそれを知って即実行!レモン+塩水を飲むようになりました。
よく「ポッカレモン」じゃダメなのか?と質問があるようですが、やはり繊維入りの生果汁のほうがいいようですね。
まぁ、ちょっと生レモンだとお高く、面倒になりますけど。
私はそんなこともあり、2、3日で1個のレモンを使っています。
2個200円くらいのレモンで5日間くらいもつので、1ヶ月でおおよそ1200円くらいになります。
しかし、先生もいうように「健康の投資」と思えば・・・
という感じです。あと、レモン水は美味しいし 笑 

2 ウォーキングをする

もう、朝のウォーキングは効果ありすぎですね。
まぁ、運動全般はすごく大事です。
ただ、朝のウォーキングはもっともおすすめの運動ではないでしょうか。
それは、幸せホルモンといわれるセロトニンが分泌されるからです。

まず、ウォーキング自体がある一定のリズム運動なので、セロトニンがでるらしいです。
また、朝がいいのは日光を浴びるだけでもセロトニンがでます
とにかく、このセロトニンは気分の落ち込みなどにも大きく関係する大事なホルモンです。
うつ病の人はセロトニンが低下しています。また、日光を浴びないとセロトニンが低下します。
ヨーロッパの北欧、スウェーデンとかノルウェーとかフィンランドとかは冬日照時間がすごく短くなるので、うつ病が増えるのだそう。
そんなときには、ただスペインのコルタデルソルなどの海岸に連れて行って、日光に当てさせるだけ治るケースもあるとか。
すごいね!セロトニン。
ウォーキング自体はかなりテキトーですね。
早足で歩くといいとかいうけど、あまり気にしてません。
気ままな散歩です。
川沿いを鴨とかサギとか亀とか見ながらフラフラ30分くらい歩きます。
そういうときに、インスタの写真(主に草花)を撮ったり、神社にも寄ったりその日の気分とかでちょっとコースは変えます。
以外とジョギング派は多いのですが、ウォーキング派はあまりいません。
ですから、みんなの中では運動というわりに私のテキトーさが際立っている感じです。
やはりお天道様を見ると元気がでます!
ぜひおすすめです。

参照:医療法人社団 平成医会
セロトニンの増加が心身に及ぼす効果

3 瞑想をする

これは、ここ四年以上毎朝、できるときは夜も一回やっている習慣です。
朝の瞑想はやはりおすすめですね。
本当に頭と心がスッキリします。
私は午前中はいろいろ創作したり、文章を書いたりする仕事が中心にしているので、特にそういうアイディアがひらめくようにもっていきたいので、やっています

瞑想には
・集中力の向上
・不安の解消
・イライラの軽減
・前向きな気持ちになる
・直感力が高まる
・共感性が高まる

などの多くの効果が研究ででています。
最初、習慣化するまではちょっと大変なのですが効果を考えたら是非おすすめです。
ウォーキングと同様簡単でタダでできますから。
やらない手はありません。

ちなみにこんな音声動画を作ってみました。
本当はこの瞑想は20分間やるのですが、初めての人向けに5分から始められるよう、そして徐々に慣れるようにと考えています。
まずは習慣にすることが大事です。
ちなみに無音の瞑想とあえてしているのは、音楽やガイド音声がずっと流れているのは私の瞑想とはちょっと趣旨が違うからです。
瞑想とはあくまでも意識を内側に向けるものです。
ですから、音はしません。
朝5分でできる【無音】瞑想

4 朝活をする:読書、学習など

まぁ、朝の数十分はインプットの時間にするといいかな、と思うのは私は自営業なので時間は比較的自由ですが、通常のお勤めの場合なかなか時間が取れないと思います。
ですから、この時間は必要かな、と。
本読むとか音声教材聞くでいいと思います。
簡単にできて、積み上げが必要なものを15-30分でいいから取っておくの大事ですよね。
そういう時間で、私は英語を話せるようになったり、本を読んでブログに書評を書いたり、SNSを上げたりしました。

ちなみに読書量と年収は正比例する のだそう。
富裕層の88%が1日30分読書をするのに対して、年収300万円以下は2%だそうです!
ほんの小さな積み上げでいいと思います。そして、そんなちょっとした時間を朝の通勤時間にでもよいでのとるとよいかと思います。

5 音楽をかけながら準備する

これは、何かと忙しい朝の準備の際のおすすめなのですが、単純にノリのよい音楽をかけて準備する、ということです。

これ私も朝出かけるスケジュールがあるときにはやるのですが、焦りながら何かをやるのって嫌ですよね。
そこで、なんだか気分よく、しかも気分を上げて準備がサッサとできるのがノリのいい音楽です。
自分好きな曲を探しておいて、それを例えば歯を磨くところからかけるわけです。
そうするとアップテンポに合わせてどんどん準備が進むというわけです。
実際、こんな結果もあります。

音楽の行動誘発効果:音楽の要素が変わるだけで人の行動は変わる。

例:テンポの速い曲を流すと行動も早くなる。米国ロヨラ大学のミリマン教授の研究より 

https://www.eys-musicschool.com/media/bgm_effect/#4

だから、アップテンポがおすすめですね。
これで焦らず、ノリノリで準備が進みます!

・・・以上がモーニングルーティンのおすすめでした。
もし、まだやっていないのなら上記の1つだけでもいいから始めてみるといいでしょう。
本当に「朝を制するものは人生を制する」と思います!

日本一わかりやすく瞑想が学べる本を無料で読めます

私は瞑想をはじめてから

あれこれ迷ったりすることがなく

瞬時に直感でなんでも決断できるようになりました。

頭がごちゃごちゃになったとき
先が不安になり、
心がざわざわするとき

考えても仕方ないことを
何度も何度も考えてしまうとき

そんなとき、瞑想をします。

すると・・・

頭がスッキリし、


未来の不安ではなく、


今目の前のことに集中できるように

そして


3秒で優先順位が決められるようになります。

イライラがなくなり


人に対してネガティブな感情を持つことが


ほとんどありません。

むしろ、なんでも「ありがたい」です。

そして、そんな感謝の気持ちで


いられるせいか

周りの人が応援してくれることが多くなりました。

何より、瞑想をすると


「本当の自分に気づくこと」ができ


「自分らしくあること」ができるのです。

それを頭ではなく、体感することができます。

「自分らしくあること」は


自分を最大限に生かし


自分自身を大切にできること・・・


そんなこととも繋がっています。

ぜひ、多くの人に


瞑想の絶大な効果について


知って欲しくて、ブログを書いて情報発信しています。

もし、興味あればそんなことを知ることができる


メルマガを読んでみてください。


メルアドで登録すると「日本一わかりやすく瞑想が学べる本」が読めます!

ぜひ「あなたらしくある」第一歩を踏み出してみてくださいね。

↓特別プレゼント付きメールストーリーを読んでみる↓



  *


 

人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

ただのストレス解消法だけでない、
人間関係、仕事、恋愛、家族
お金、健康・・・それら「人生を変える力」を持つ瞑想の基本をお伝えする電子書籍。
アマゾンキンドル「リーダーシップ」「思想・哲学」カテゴリで堂々1位!!

今だけ無料で公開しています。

(メルマガ登録で受け取れます)
人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

日本一わかりやすい自己啓発・瞑想インストラクター。これまで小学校の教員として、また、大学生、社会人、外国人に講師として約1000人以上、のべ1万時間の授業・セミナーを行ってきた。特にビジネスパーソン向けの「わかりやすい話し方」研修の経験を踏まえて、「日本一わかりやすい体験型自己啓発・瞑想セミナー」を実施中。