松が谷中学1年3組の思い出・・・

学生時代、小中高校で、一番忘れられないクラスってありますか?

私にとって一番忘れられないクラスは
松が谷中学校の1年3組です。


(現在の松が谷中学校)

これが・・・何事も皆で一生懸命にやるんだけど

最後にはズッコケてる、というなんとも愉快なクラスでした。

体育祭のトホホな思い出

中学に入学して5月には体育祭がありますよね。
それで、私を含めて10人体育祭の花形の応援団になって、
応援どうしようか考えるわけですよ。

私たち1年3組応援団は、音楽に合わせてダンスをすることになりました。
曲は早見優の「夏色のナンシー」(ああ、すごい懐かしい・・・)

それで、私たち応援団は10人公園に集まって放課後
振り付けとか練習とかしました。

ところが


すぐ、男子と女子でケンカが始まります。
もう、くだらなすぎて、どういう内容か思い出せないけれど

毎回公園で男子と女子で集まっては、言い合い。ののしりあい。

VS

もう!!男子はほっとこう!」って女子は怒って
自分たちだけで、ダンスの振り付けと練習をしました。

真面目な女子たちは
何度も何度も音楽に合わせて練習して・・・

「うん、私たち頑張っているよねー」

「私たちいけるんじゃない?」って。

で、男子のことは無視。

「あんなヤツらかまってらんない!!」って。

こんなふうに応援団が分裂して、練習していると最終的にどうなるか?
中学生の私たちにはバカすぎて気づかなかったのです・・・・

 

体育祭当日

曲に合わせてバッチリ踊っている女子の背後で
何とか場を持たせなくてはいけない男子たちは、
曲や踊りとは全く関係なく

勝手に馬飛びとか、

側転とか、

グリコのポーズとかして・・・

皆バラバラだったそうです。

(男子なりに、何かやらなくちゃって思ったんでしょうね)
ガーーーーン

それで、残念ながら応援合戦では3組は5クラス中最下位。

それで、またこの結果に対して

女子と男子でののしり合って終わりました。

VS

文化祭のトホホな思い出

あとは、秋に文化祭がありました。

私たち3組は、当時では珍しくビデオカメラで撮影して
それを上映しよう!ということになりました。

しかも、内容はミステリー!?

松が谷中学殺人事件」というものです。

これは本格的。。。。
早速皆でワイワイ私の家に集まってシナリオを作りました。

確か・・・江戸川乱歩シリーズなんかの本も参考にしながら

そして、ワクワクしながら先生のビデオカメラを借りて撮影しました。

気分はこんなんな、↓中学生たち・・・

ところが


まだyoutubeなんかない時代。
もちろん、「編集」という概念がないし、
そもそも当時大人であってもそんな凝ったことはできませんでした。



そこで、ストーリーの順番に撮影していって
「編集なし」で作りました。

すると当然
内容がめちゃくちゃに



セリフは間違える
笑い声は入る


前の画面から続いていない
つじつまが合わない


向こうの方に走っていったと思ったら、
こっちに戻ってくるまで映されているし




ただのよくわからない映像が次々に
流れてくるだけ・・・
こんなのだったら、まだ子供の運動会を映した
ホームビデオの方がまし!

多分15分くらいのものだったかと
思うのですが、意味がわからなすぎて

見に来てくれた人が

次々に席を立って帰り・・・

誰も最後まで見てくれません。

だって、自分たちでも見ていられないくらいでしたから。

結局「松が谷中学殺人事件」は
内容がミステリーなまま、誰にも理解されませんでした・・・

スポーツ大会のトホホな思い出

そんな文化祭も終わり、2学期の最後にはクラス対抗(男女別)
のスポーツ大会 バレーボールの試合がありました。

3組の女子には、バレー部の人がおらず、かなり不利。

でも、頑張り屋な私たちは
卒業した小学校の体育館まで借りて
バレーボールの練習をしました。
放課後、そして、土日までもです!!
(練習したのは7、8人のメンバーだけですが)

体育館が借りれない土日は
小学校の校庭で練習。

「ねぇ、ネットがないからさ、あのフェンスをネット代わりにして
アタックとか練習しない?」

「ああ、いいねー」

校庭のフェンスは1.8メートルくらいでしょうか・・・

私たちの身長よりちょっと高いくらいの
そのフェンスをネット代わりにして

せーの!アタックーッ!

とか言いながら、いかにもバレーぽい感じで
何度も練習していたんです!

なんか、小学生の頃から考えると
こういうのってちょっと大人になった感じ。

みんなでアタックの練習。ちょっと青春の入口の
雰囲気。。。

絶対優勝だね!!

勝つ気満々で、スポーツ大会当日を迎えました。

「よーーーし!頑張るぞ!オーーーー!!」って
円陣組んで声かけて。

そして、私たちが練習に練習を重ねた、アタックをするぞ!って
気合入っていました。

ところが、そこで重大な問題が




サーブが入らない!!

そうです。
私たちトスとアタックの猛練習はしていたんですが・・・

「サーブ」の存在を忘れていた・・・

そんなものの練習は全然していなかったんです。

ガーーーーン

うかつでした。バレー部員いなかったんで。。。

誰もそんなことに気づかず。

サーブは余裕だと思っていました。。。てか
忘れてた。

「ああ、アタックしたかったなぁ」

やはり、5クラス中最下位。

当然です。

サーブが入らないんですから

他のクラスの人に言われちゃいました。

「3組の女子、練習一番頑張っていたのにね・・・」

本当にそうです。残念すぎました。

クリスマス会のトホホな思い出

冬休みに有志でクリスマス会することになりました。

中学校近くの集会所借りて。

ケーキ作るのがすごい得意な男の子がいたんです。
彼がとっておきのケーキを作ってくれました。

ところが・・・・

また、終わりの方で女子と男子がケンカ。

ののしり合いです。

まぁ、今思えばそれがレクリエーション、
コミュニケーションなんですけどね

それで、そのうちの男の子を一人部屋に閉じ込め
その子は窓から
「出せーーーー!」とか言って叫んでいます。

「嫌だよー。○○のこと好きって言ったら出してやる!」

とかみんなで言い合って。

バカですねー。

でも、外にいる私たちの方がだんだん寒くなって
きて、その男の子に中に入れてもらいました。

あのののしり合いは、なんだったんでしょう・・・

そして、なんかケーキを食べて
プレゼントを交換して
片付けてサッサと終わりました。

そのクリスマス会のメインは
なぜか、私たちが外に締め出されたカタチになった
ののしり合い。

そんなイベントでした。。。。

 

こんな感じのイケテない3組は
私の小中高校大学の学生生活の中では
一番面白いクラスで、なおかつ
一番まとまりがありませんでした。

いつもいつも
男子と女子が
「お前○○のことが好きなんだろー」とか
アホなことでケンカしていました。

担任の先生の存在感は薄く、
なんか生徒たちだけでワイワイしていました。

でも、そんなクラスが私は好きだったんですね〜

忘れられない思い出です。

松が谷中学1年3組。

 
**************************

上原千友
瞑想インストラクター・人材育成トレーナー(体験型ワークショップやっています!)・早稲田大学非常勤講師
小学校の教員後、法人向け研修会社でコンテンツ開発、インストラクターをする。

上原千友のプロフィール

日本一わかりやすく瞑想が学べる本を無料で読めます

私は瞑想をはじめてから、


あれこれ迷ったりすることがなく

瞬時に直感でなんでも決断できるようになりました。


頭がごちゃごちゃになったとき


先が不安になり、


心がざわざわするとき


考えても仕方ないことを何度も何度も考えてしまうとき


そんなとき、瞑想をします。

すると・・・
頭がスッキリし、
未来の不安ではなく、
今目の前のことに集中できるように

そして

3秒で優先順位が決められるようになります。

イライラがなくなり
ネガティブな感情を持つことが
ほとんどありません。

むしろ、なんでも「ありがたい」です。

そして、そんな感謝の気持ちで
いられるせいか
周りの人が応援してくれることが多くなりました。

何より、瞑想をすると
「本当の自分に気づくこと」ができ
「自分らしくあること」ができます。

それを頭ではなく、体感することができます。

「自分らしくあること」は
自分を最大限に生かし
自分自身を大切にできること・・・
そんなこととも繋がっています。

ぜひ、多くの人に
瞑想の絶大な効果について
知って欲しくて、ブログを書いて
情報発信しています。

もし、興味あれば
そんなことを知ることができる
メルマガを読んでみてください。

メルアドで登録すると「日本一わかりやすく瞑想が学べる本」が読めます!

ぜひ「あなたらしくある」第一歩を踏み出してみてくださいね。

↓無料プレゼント付きメールストーリーを読んでみる↓

 



  *


 

人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

ただのストレス解消法だけでない、
人間関係、仕事、恋愛、家族
お金、健康・・・それら「人生を変える力」を持つ瞑想の基本をお伝えする電子書籍。
アマゾンキンドル「リーダーシップ」「思想・哲学」カテゴリで堂々1位!!

今だけ無料で公開しています。

(メルマガ登録で受け取れます)
人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本一わかりやすい自己啓発・瞑想インストラクター。これまで小学校の教員として、また、大学生、社会人、外国人に講師として約1000人以上、のべ1万時間の授業・セミナーを行ってきた。特にビジネスパーソン向けの「わかりやすい話し方」研修の経験を踏まえて、「日本一わかりやすい体験型自己啓発・瞑想セミナー」を実施中。