自己啓発ベストセラーを作った私がすすめる自己啓発的な本

これまで自己啓発ベストセラー本作ってきました。

 

こんにちは。上原千友です。

私はこれまで、以前勤めていた研修会社で
多くのベストセラー本を社長で著者の安田正氏と
制作してきました。

「一流役員が実践してきた 仕事の哲学」 10万部

「英語は『インド式』で学べ!」 累計16万部

「超一流の雑談力」 累計62万部

この他、ざっと20冊ほどの自己啓発、ビジネススキルの本を
制作してきました。

そして、もちろんたくさんの自己啓発本も読み
どっぷり浸かってきました・・・

そこで、そんな自己啓発本と散々付き合ってきた私が
自己啓発的な本を紹介したいと思います!

自己啓発の王道のドラッカーとかナポレオンヒルなどは
色々な方々が紹介していると思いますので

ちょっと変わった視点で、取り上げてみました。

自己啓発(じこけいはつ)とは

自己啓発するとは、自分で自分を高め、成長させることです。

ですから、あえていわゆるビジネス書の自己啓発本だけでなく

いろいろなジャンルから 自分を高めるための本として取り上げて

みました。

人生に迷ったら老子 田口佳史著


*画像からアマゾンページに飛びます。

・概要
2,000社を超える経営幹部たちが心酔する「老子」の講義を主宰する著者。
50年以上バイブルとしてきた「老子」と著者が出会ったのは25歳、
瀕死の事故に見舞われた時のことでした。
以来、人生や経営で困難にぶつかるたびに
進むべき方向を指し示してくれたのが「道」――、
すなわち老子の教えだったといいます。
本書では自らの半生を振り返るとともに、
「無為にして為さざる無し」
(自分勝手な思惑を捨て、
真白い心で力を振るえば、
うまく行かない事はなくなる)」
「気を専(もっぱ)らにし、柔を致す」(能爲第十)
(気力の充実は、身心ともに柔(やわら)かなところから発するのだ。
頭も身体も、常に柔かに! )
など、生きる支えとしてきた
「老子」の名句を年代ごとに解説。
教えをいかに生かしてきたかが明かされます。
人生に迷ったら「老子」です。(アマゾン「内容紹介」より)

・私からのオススメポイント
古典の中でも「老子」は本当に素晴らしいと同時に
抽象的すぎて、少々難解な部分もあります。
それを本著では、タイトル通り
人生で困った時には、老子の中でも最も重要にしている
道 タオ に立ち返って決断してみる、
といったように 具体的な事柄を交えて解説してあるので
非常にわかりやすく、そして、老子の考え方が持つ
人生のあり方が伝わってくる内容になっています。
私が特に印象に残ったのは、「道」が著者に
困った時、迷った時に
いつも最高の選択肢を運んでくれる、というくだり。
著者が人生の問題に窮した時には「道」に相談します。
具体的には、空を眺めて
「どうなんだ?」「どうしたんだ?」自分に問いかけるように
するんだそうです。
そうすると、思いもよらない物事、人との
出会いがやってきて、問題を解決してくれるそうです。
今では一般語のようになってしまった
「引き寄せ」ですね。
こんな「引き寄せ」なんて、大昔から
実はこの老子の「道」
という考え方にはあったんですね。

投資家が「お金」より大切にしていること 藤野英人著


*画像からアマゾンページに飛びます。

・概要
人生でいちばん大切なカネの話をしよう
本書は、私が投資家として20年以上かけて考えてきた
「お金の本質とは何か」の結論を一冊に
凝縮したものです。
特に、これからの日本を担う10代、20代に
読んでもらいたい。
なぜならお金について考えることは、
自らの「働き方」や「生き方」を真剣に考える
ことと同義だから。
若いうちにお金の見方が変われば、自分の人生や
社会に対する見方も大きく、良い方向へと
変わっていくでしょう。
理想論を言っているのではありません。
お金の本質を全く考えずに良い人生を歩んでいくのは、
現実的に不可能なのです。
カネの話は汚い、金儲け=悪だと思っている人は、
世の中について何も知らないことを、
自らさらけ出しているのかもしれませんよ。
(アマゾン「内容紹介」より)

私からのオススメポイント
この本をあえて自己啓発本として紹介します。
なぜなら、「お金との付き合い方、お金への考え方」
がテーマだからです。
「株やFXでバンバン稼ぐ」みたいな本ははいて捨てるほど
ありますが、この本のように「お金への哲学」ともいうべき
「考え方」を書いている本はほとんどないといってもよいでしょう。
この本と比べると「金持ち父さん貧乏父さん」だって、
結局不動産投資をすすめている
テクニカルな本に見えますからねー。
だから、本著はお金との付き合い方の啓蒙書だと思います。
社会の中で自己を啓発し、高めていくためには
「お金」とどう付き合うか、問われます。
そんな時にとても役立つ1冊だと思います。

69 sixty nine 村上龍著


*画像からアマゾンに飛べます。

・概要
1969年、東京大学は入試を中止した。人々はビートルズに熱狂し、
世論はベトナム戦争に揺れていた。
僕は長崎県佐世保市、基地のある町に暮らす高校三年生。
なにか面白いことをしたい、みんなを驚かせたい、
女の子にモテたい!ただそんな気持ちから、僕は仲間たちと
一緒に学校をバリケード封鎖した―。
爆発しそうな衝動と真っ直ぐな心をあわせ持った
高校生たちを描く、青春小説の金字塔。(アマゾン内容紹介より)

・私からのオススメポイント
これもあえての小説を選びました。
単純に村上龍ファンということもありますが・・・
69 は「これが自分の人生を生きることだ!」 と見せつけてくれる
自己啓発の本とも捉えられます。
しかも、読んでいてメチャ笑えます!
この小説の中では、
既成概念を押し付けてくる者、
楽しんでいない者、美しくない者を
徹底して叩き潰します。
主人公は学校を
「家畜を製造する場所」とまで
言ってます。まぁ、当たっている部分がありますよね。。。
その残酷な表現、過激さにはワクワクしてしまうほどですが
考えてみると、無意識のうちに私たちは人生をそんなことに
侵食されて、いつの間にか飲み込まれてしまっている。
「自分の人生を生きていない」ことに
この小説は気づかせてくれます。
小説はフィクションの世界を通して
物事の本心を私たちに感じさせてくれる
ところでしょう。
この「感じさせる」ところがポイント。
普通のビジネス自己啓発本は
ズバリ言ってきますから、実はそれだけ読者が
「感じる」余地も少なく、受け身になりがちです。
「ああ、そうですよね。ごもっとも」みたいな・・・
でも、小説は読者の方が想像する部分が多い分
受け身ではいられません。
その分印象には残ると思います。
そして、自分を変えていくきっかけになることも
あるわけです。

2022- これから10年活躍できる人の条件 神田昌典著

*画像をクリックするとアマゾンへ飛びます。

・概要
「あと数年で会社はなくなる」
「中国は2025年まで発展、日本は2020年以降、
崖から転がるように落ち込む」
「iPhoneは2016年に製造終了」
……本書で語られる、衝撃的な予言の数々だ。
客観的にみれば、日本を取り囲む状況は、真っ暗。
にもかかわらず、「これからの日本は、チャンスに溢れている」と
著者は言い切る。
しかし、それは「今希望を描き、行動を起こす」
ことを選んだ人のみ。
つまり、今この瞬間のあなたの選択こそが、これから10年、活躍できるか、
後悔する人生を送るかのターニングポイントなのだ。
「これからの10年はどうなる?」
「日本人だけがつかめるチャンスとは?」
「若手ビジネスパーソンが今、すべきこととは?」
「30代・40代の役割とは?」
……答えはすべて、本書の中にある!
カリスマ経営コンサルタント・神田昌典が満を持して送る渾身の人生論、
ついに完成。(アマゾンの内容紹介より)

私からのおすすめ
まぁ、これは「自己啓発」の王道の神田先生の本です。
神田さんの本は何冊か読みましたが
この本は、神田さんのスキル本とは違い
読んでいてワクワクしました。
スキル本ではないけれど
具体的なこれからの「生き方の指標」が
あります。
しかも、私のような人間でもできそうな
こと。そして、仲間とやっていけそうなことです。
なんか、時代の変化の年に生きていて
これからどうなるのかなーって、
もちろん不安もありますが、
楽しみです!って気持ちにさせてくれるのが
この本でした。
2012年出版なので、2022年に向けて書いてありますが
それから5年・・・
やはり、神田さんの主張している
これまでの画一で、大きな社会の仕組みの
中に入れば一生安泰なんて時代は
ますます消失していっています。
いつでも「時代の変化」には
プラスとマイナスがあります。
それらをはっきりと理解しながら
「変化」の面白さを体感していきたいですね。

どんどん紹介していたら、なんかすごい文字量になってしまいました。。。

まだ4冊だけなのに。。。。

でも、私の中で自己啓発的本ベスト4なので、
是非是非お読みくださいませ!

日本一わかりやすく瞑想が学べる本を無料で読めます

私は瞑想をはじめてから、


あれこれ迷ったりすることがなく

瞬時に直感でなんでも決断できるようになりました。


頭がごちゃごちゃになったとき


先が不安になり、


心がざわざわするとき


考えても仕方ないことを何度も何度も考えてしまうとき


そんなとき、瞑想をします。

すると・・・
頭がスッキリし、
未来の不安ではなく、
今目の前のことに集中できるように

そして

3秒で優先順位が決められるようになります。

イライラがなくなり
ネガティブな感情を持つことが
ほとんどありません。

むしろ、なんでも「ありがたい」です。

そして、そんな感謝の気持ちで
いられるせいか
周りの人が応援してくれることが多くなりました。

何より、瞑想をすると
「本当の自分に気づくこと」ができ
「自分らしくあること」ができます。

それを頭ではなく、体感することができます。

「自分らしくあること」は
自分を最大限に生かし
自分自身を大切にできること・・・
そんなこととも繋がっています。

ぜひ、多くの人に
瞑想の絶大な効果について
知って欲しくて、ブログを書いて
情報発信しています。

もし、興味あれば
そんなことを知ることができる
メルマガを読んでみてください。

メルアドで登録すると「日本一わかりやすく瞑想が学べる本」が読めます!

ぜひ「あなたらしくある」第一歩を踏み出してみてくださいね。

↓無料プレゼント付きメールストーリーを読んでみる↓

 



  *


 

人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

ただのストレス解消法だけでない、
人間関係、仕事、恋愛、家族
お金、健康・・・それら「人生を変える力」を持つ瞑想の基本をお伝えする電子書籍。
アマゾンキンドル「リーダーシップ」「思想・哲学」カテゴリで堂々1位!!

今だけ無料で公開しています。

(メルマガ登録で受け取れます)
人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本一わかりやすい自己啓発・瞑想インストラクター。これまで小学校の教員として、また、大学生、社会人、外国人に講師として約1000人以上、のべ1万時間の授業・セミナーを行ってきた。特にビジネスパーソン向けの「わかりやすい話し方」研修の経験を踏まえて、「日本一わかりやすい体験型自己啓発・瞑想セミナー」を実施中。