【自己啓発おすすめ】「論語」に学ぶ「体感」

今度

私が始めようとしている

「体感ワーク」は

ある極限状態を設定し、

その中で自分と向き合い、気づき

自己の変容を促(うなが)す

という自己啓発です。

 

学びを捨てて、体感せよ

 

そのスローガンは

「学びを捨てて、体感せよ」

なのですが、それはそうだなと思います。

 

 

 

学びの段階には

まず、

第1段階「知る」

第2段階「わかる」

第3段階「できる」

第4段階「習慣化する」

第5段階「教える」

がありますが、

 

 

第2段階「わかる」

第3段階「できる」

との溝って大きいと思います。

 

 

そこは、本当に「腑に落ちない」と

なかなか「できる」つまり

「身につく」までいかないと思うのです。

だからこそ

「腑に落ちる」ように

心底感じて

「体感せよ」ってことになるわけです。

 

 

 

ただ、ここで忘れてはならないのが

学んでもいないのに

つまり、捨てるほどの「学び」もないくせに

「学びを捨てる」ことは

できないってこと。

 

 

いろいろ学んでみて

「学びを捨てて、体感せよ」

の真意がわかると思うのです。

 

 

学びて、ときとしてこれを習う、また悦ばしからずや

 

「論語」の冒頭に

 

君子曰く

学びて、ときとしてこれを習う、

また悦ばしからずや

 

という、有名な一文があります。

この解釈は

「学んで、さらに反復演習していくことは

なんと面白く愉快なことでしょう。」

 

 

みたいなことなのですが、

 

私が先の

 

「学びを捨て、体感せよ」

 

を踏まえて、自分なりに解釈すると

 

 

「たくさん学んで、そして学びを捨てて、

実際やってみて

体感したら

なんと面白く、愉快なことでしょう」

 

こんなふうにします。

 

どうでしょうか?

 

実際、

 

学びの段階の

 

第2段階「わかる」(学ぶ)

から

第3段階「できる」

(腑に落ちて、体感する)ようになった時の

悦びは本当に大きなものです。

 

だから、そんな解釈をしてみました。

 

 

ちなみに、

ここで「喜ぶ」を「悦ぶ」と

していますが

「悦ぶ」は

一人悦(えつ)に入る

という意味の「よろこぶ」だそうです。

 

「喜ぶ」とはあえて違う

漢字を使っているそうです。

 

 

そう、まるで大事な宝物を

一人で見ていて

ニンマリ笑ったり(少し怪しいですが・・・)

ジーンと感動してみたり

もう一度、取り出して思い出してみたり

「一人悦に入る」とはそんな行為ですよね。

 

 

本当に「できる」(体感する)ようになった時

確かにそんな「悦び」があり、感動があります。

 

 

「朋(とも)遠方より来る在り、また楽しからずや」

さらに加えると

 

「論語」のこの文の後には

「朋(とも)遠方より来る在り、また楽しからずや」

とあります。

通常の解釈は

 

「友達が遠くから

自分に会いにやってきてくれる、

なんと嬉しいことではないか。」

 

と文そのままなの意味なのですが

 

私は、こんなふうに意訳します。

 

「朋 とも」とは

「これから友達になる人、これから出会う人」

「遠方」とは

「未知の世界、遠い世界」

と解釈し

 

つまり

「未知の世界からやってくる、未知の人との

出会いはなんと嬉しいことか」

 

それは

「バンバン出会いなさい。人生豊かになるから」

と言えるのではないでしょうか。

 

結局

これも経験し、体感してみることと

同じではないでしょうか。

 

 

刺激を受けたり、

成長させてもらったりすることは

人との出会いによって

人から学ぶことによって

できますから。

 

 

そして、

時には人と出会うことで

摩擦や対立も起きたり

すごく

傷ついたりするわけですが

そこから

人間関係ってやつを

学ぶわけです。

 

そして、それこそが人生の

「学び」になるわけです。

 

「体感する」ことは

決して、楽しいばかりではない、

いえ、むしろキツイことが

多いかもしれません。

 

しかし、

 

本当の「学び」と「悦び」は

「心と体で感じる」ことに

あるかと思います。

 

 

podcast 上原千友の自分を変えるヒント 配信中

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://apple.co/2ojwW7f

 

 

自分自身で考え、気づいていくための

「自分を変えるための7つの質問メルマガ」

はこちらから登録ができます。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.chiyu-uehara.com/335-2/

上原千友のfacebook、繋がってください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.facebook.com/chiyu.uehara

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本一わかりやすく瞑想が学べる本を無料で読めます

私は瞑想をはじめてから、


あれこれ迷ったりすることがなく

瞬時に直感でなんでも決断できるようになりました。


頭がごちゃごちゃになったとき


先が不安になり、


心がざわざわするとき


考えても仕方ないことを何度も何度も考えてしまうとき


そんなとき、瞑想をします。

すると・・・
頭がスッキリし、
未来の不安ではなく、
今目の前のことに集中できるように

そして

3秒で優先順位が決められるようになります。

イライラがなくなり
ネガティブな感情を持つことが
ほとんどありません。

むしろ、なんでも「ありがたい」です。

そして、そんな感謝の気持ちで
いられるせいか
周りの人が応援してくれることが多くなりました。

何より、瞑想をすると
「本当の自分に気づくこと」ができ
「自分らしくあること」ができます。

それを頭ではなく、体感することができます。

「自分らしくあること」は
自分を最大限に生かし
自分自身を大切にできること・・・
そんなこととも繋がっています。

ぜひ、多くの人に
瞑想の絶大な効果について
知って欲しくて、ブログを書いて
情報発信しています。

もし、興味あれば
そんなことを知ることができる
メルマガを読んでみてください。

メルアドで登録すると「日本一わかりやすく瞑想が学べる本」が読めます!

ぜひ「あなたらしくある」第一歩を踏み出してみてくださいね。

↓無料プレゼント付きメールストーリーを読んでみる↓

 



  *


 

人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

ただのストレス解消法だけでない、
人間関係、仕事、恋愛、家族
お金、健康・・・それら「人生を変える力」を持つ瞑想の基本をお伝えする電子書籍。
アマゾンキンドル「リーダーシップ」「思想・哲学」カテゴリで堂々1位!!

今だけ無料で公開しています。

(メルマガ登録で受け取れます)
人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本一わかりやすい自己啓発・瞑想インストラクター。これまで小学校の教員として、また、大学生、社会人、外国人に講師として約1000人以上、のべ1万時間の授業・セミナーを行ってきた。特にビジネスパーソン向けの「わかりやすい話し方」研修の経験を踏まえて、「日本一わかりやすい体験型自己啓発・瞑想セミナー」を実施中。