おすすめ本 「漫画 君たちはどう生きるか」

出版3ヶ月で70万部突破ですって!

漫画 君たちはどう生きるか

まずはこんな良書を読もうっていう日本人がまだまだたくさんいるってことが素晴らしいと思います。
(まぁ、全員が読んでいるとは限らないけど)

NHKの番組で紹介されていました。この本を大人たちがよく読んでいるそうです。
出演していた読者は60代の方でした。

でも、タイトルの通り「どう生きるか」って何歳になっても考えることだし、悩むことなんで
それだけ「どう生きるか」って考えるのはとてもいいことだと思います。

悩むのは正しい生き方を強く求めているからだ

主人公コペルくんは中学生で、
まさに「物を形作っているのが分子だとしたら、自分自身も社会の中でそれを形作っている分子なのかも」
そして「そんな社会を形作っている自分は何を生み出すのか」
という、とても根源的で、普遍的なテーマと

日常生活では中学生で同級生がいじめられているのを止めることができず、そんな自分が嫌になる、それで悩む。
というテーマを両方をコペルくんの知り合いのおじさんからの手紙を通して
考えていくというもの。。。

個人的な話で恐縮ですが、このストーリー私がシナリオを書いた
まんがでわかる 働く君に贈る25の言葉」ととてもかぶる。
主人公が死んだお父さんの日記を読みながら、仕事の意義を感じていく、成長の物語。。。

まぁ、話戻すと・・・・コペルくんはそんな普遍的な問題を具体的な日常の行為を通して
解決の糸口を見つけていくわけです。

それで、そのきっかけになるのが、いじめられている友達を助けられなくて
泣いて、悔やむコペルくんへおじさんが送った手紙の言葉。

今君は大きな苦しみを感じている。
・・・・・君が正しい生き方を強く求めいてるからだ。
人間のあるべき姿を信じているからだ・・・・

とあります。

それは励ましの言葉であり、真実の言葉ですね。
そして、良心の言葉です。

まーったく、パラダイス文書とか家計学園で色々出てきた世間的には偉い人たちにまず読め!
と言いたい言葉ですね。本当に。良心なくしたら、人間終わりです。

そして、おじさんのスタンスはその「正しい生き方」を示さない。

「自分で考えな」と言います。

これって本当の教育ですよね。

そして、

「世間の目よりも何よりも
君自身がまず人間の立派さがどこにあるのか
それを本当に君の魂で知ることだ」

ともあります。

頭で「人間の立派さ」を考えるな、と。
私はおじさんの言葉から感じました。

「魂で知る」言い換えると「魂を感じる」って、まさに自分の答えです。

それが自分にとっての正解。

それはいいことも悪いこともあらゆることの基準になるはずです。

だって、何がいいかなんてわからないものです。

本当に。

人って立場とか時代とか、その人がいる集団や社会によって
「いい」「悪い」が変わってきます。

で、迷うわけです。

そこで「自分の魂」に聞け、と。

これは私のやってる瞑想とも通じますね。
まさに「自分自身である事」そのためには「魂」を感じる事。
それが瞑想の目的です。

私はそんな事もあり、このおじさんのフレーズにとても心惹かれました。

誰でも駆け出したくなる瞬間がある

あと、私が心に残っているシーンは

コペルくんとおじさんがわけもなく駈け出すシーンです。
2回あるのですが。

1回目は、コペルくんのさえない同級生浦川くんが、実は学校を休んで
家業を立派に手伝い、接客をやったり、妹の世話をたくましく行っている事を知った時。

コペルくんは
「浦川くんは学校じゃあまり目立たなくて、バカにされちゃうこともあるけど
浦川くんはほんとうにすごいんだ・・・・!!・・・・どんなに向かい風が吹いたって一歩一歩すすんでいる」
と大変感動して、思わず思いっきり、意味なく道を走るんです。

そして、それを聞いたおじさんも
「じっとしていられなくなった。走ろう!」って2人して走るシーン。

2回目のシーンは、無職だったおじさんが編集者に復帰して新しく本を出すことになった。
しかもコペルくんの悩みとか考えていることをまとめた本。

そして、久しぶりにコペルくんと会ったら、またおじさんが突然走り出すシーン。
コペルくんもその後を追っかけます。

なんか、言葉では説明できませんが

「ワァーーーー!!」っと「よーーーーーーーーーし!!」っと、突然走り出したくなる時ってあります。

人ってなんか元気もらったり、感動した時って自分でもわからないエネルギーが湧いてきて
走ったり、飛んだり、踊ったりしたくなるものです。

そんな言葉にはならない気持ちを表しているシーン。

私は「ああ、わかる。わかる」って。
心惹かれました。

これはどーでもいい個人的な興味なんですが、漫画とかアニメ(まぁ、そんなに見ないんですけどね)で以外と心惹かれるのって、そんなささやかなシーンです。

でも、何というか心のちょっとした機微に触れるというか・・・

そんな、普段はちょっと見逃しそうな行為を描いているのが好きですねー。

英雄でなくても、かけがえのない存在としてあるには・・・

で、話をテーマに戻すとコペルくんは
「自分自身も社会の中でそれを形作っている分子なのかも・・・」というすごい発見から
「社会の中での自分の価値とは」という普遍的なテーマについて考え、
おじさんも一緒に考えていくわけですが・・・

実は、普遍的な問題とかテーマの答えって、日常の具体的な行為の中にあるものです。

コペルくんはさんざん、いじめられている友達を助けられなかったということで悩んで、自分なりその答えを見つけ
乗り越えていきます。

「君たちはどう生きるか」その答えは、言葉ではなく、行動です。
そして、まさに生き方そのもので体現していくものです。

そして、この本の中では
ナポレオンとかコペルくんのあだ名の元となったコペルニクスなどが「どう生きるか」の例として
出てきますが、そんな偉大な英雄でなくても・・・

私達のような平凡なひとりひとりの人間が「どう生きるか」を社会の中で示しているわけです。

それはコペルくんが言った
「分子のように社会の中で自分もそれを形作っている」ということ。
英雄だけが世の中を形作っているわけではない。

そんなことまで感じさせてくれる、本でした。

前述したように、このような良書がヒットするとは、まだまだ日本も捨てたものではないと感じました。

漫画 君たちはどう生きるか

日本一わかりやすく瞑想が学べる本を無料で読めます

私は瞑想をはじめてから、


あれこれ迷ったりすることがなく

瞬時に直感でなんでも決断できるようになりました。


頭がごちゃごちゃになったとき


先が不安になり、


心がざわざわするとき


考えても仕方ないことを何度も何度も考えてしまうとき


そんなとき、瞑想をします。

すると・・・
頭がスッキリし、
未来の不安ではなく、
今目の前のことに集中できるように

そして

3秒で優先順位が決められるようになります。

イライラがなくなり
ネガティブな感情を持つことが
ほとんどありません。

むしろ、なんでも「ありがたい」です。

そして、そんな感謝の気持ちで
いられるせいか
周りの人が応援してくれることが多くなりました。

何より、瞑想をすると
「本当の自分に気づくこと」ができ
「自分らしくあること」ができます。

それを頭ではなく、体感することができます。

「自分らしくあること」は
自分を最大限に生かし
自分自身を大切にできること・・・
そんなこととも繋がっています。

ぜひ、多くの人に
瞑想の絶大な効果について
知って欲しくて、ブログを書いて
情報発信しています。

もし、興味あれば
そんなことを知ることができる
メルマガを読んでみてください。

メルアドで登録すると「日本一わかりやすく瞑想が学べる本」が読めます!

ぜひ「あなたらしくある」第一歩を踏み出してみてくださいね。

↓無料プレゼント付きメールストーリーを読んでみる↓

 



  *


 

人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

ただのストレス解消法だけでない、
人間関係、仕事、恋愛、家族
お金、健康・・・それら「人生を変える力」を持つ瞑想の基本をお伝えする電子書籍。
アマゾンキンドル「リーダーシップ」「思想・哲学」カテゴリで堂々1位!!

今だけ無料で公開しています。

(メルマガ登録で受け取れます)
人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本一わかりやすい自己啓発・瞑想インストラクター。これまで小学校の教員として、また、大学生、社会人、外国人に講師として約1000人以上、のべ1万時間の授業・セミナーを行ってきた。特にビジネスパーソン向けの「わかりやすい話し方」研修の経験を踏まえて、「日本一わかりやすい体験型自己啓発・瞑想セミナー」を実施中。