エアビーをやった、泊まった・・・やめた話

 Air BnB をやってみた

私1年前からエアビーをやってます。

最初はものすごい好奇心からでした。。。

実は不動産投資で戸建ての賃貸業をやっていて
それでなんとか始められたんで、勢いで
その前からやりたかったエアビーを
始めることにしました。

2016年7月です。。。

こんな素敵なお部屋!


大阪の道頓堀なども近く、いい物件だったので
見てすぐ決めました。

そこから、部屋のインテリアは不動産屋が考えるんだそうで
それでこんな部屋ができたのです!!

こんな部屋を持てた時は
なんだか満足感でいっぱいだったんですが・・・

私、オーナーがやることって
物件見て決めることだけ!

本当にそれだけなんですよ。

インテリアも不動産屋が決めるし
エアビーのアカウントもやってくれるし
値段とか決めるのも、管理会社。

オーナーは家賃払うだけ・・・・
それはちょっとつまらなかったですね・・・

エアビーに泊まってみた

それで、エアビーを自分で持ったからには泊まってみよう!と思って
泊まってみることにしました。

去年行ったフランスのニースと韓国ソウルです。

【ニース】
ニースはカップルの家に泊まりました。

まず、事件が起きたのは、泊まる家が見つからなかったこと!
(泊まったのは、10軒くらいの集合住宅)

ちゃんとgoogle map 見ながら、住所はあっているはずなのに
なぜかネームプレートにホストの名前がない。。。
「おかしいなー」とその辺りを1時間くらいぐるぐる回って
近所のお店の人に聞いたり・・・そしたら、やはり
「ここだ!」って場所は合っているんですよ。

だんだん暗くなってくるし「どうしよう・・・」って思った時に
偶然エントランスのドアが開いて、
私の顔見て
「あっ!あなたは今日泊まる・・・」
「そうです!!あなたの名前ここに見つからなかったよ」
って言ったら
「ああ、ここにはファーストネームしか書いていないから・・・」

・・・て。

ちょっと!あんた!

私になぜ違う名前しか知らせないの!

まぁ、テキトーですよ。彼らは。。。

しかし、こんなことは事件とも言えないことが
待っていたのです。。。最終日。

帰りの飛行機(フランスから一旦イギリスの知り合いの

家へ帰るとき)に乗るというとき、

最後のニースの町歩きをして、大きな荷物を取りに

部屋に戻るために、入ろうとエントランスの

鍵をガチャリと回したら

何と!

鍵が折れました。

ポッキリと

こんな風にです。(後から写真撮りました)

「えーーーーーーーーっ!」

「部屋に入れないじゃん!」

「荷物どうすの!」
鍵折れたって・・・

どんなに焦って、騒いでも

折れた鍵は鍵穴に入ったままです。

そして、ホストは仕事に出かけています。

電話も通じない・・・

迫り来る飛行機の時間・・・

そんなとき、

まさに「問題解決」の能力が問われる瞬間です!

しかも、ここはフランス・・・

知っている人は誰もいない。

自分一人で何とかするしかない。

 

こんな状況と比べると、ビジネスの「問題解決」がちょっとした遊びにも

思えてしまう。

 

 

そして、心のどこかで

「まぁ、大丈夫。だって死ぬわけじゃないから・・・」

「そして、私は運がいいから。何とかなるから」

と危機を乗り越えるためのメンタルトレーニングもしているのです。

 

果たして、私はその日の飛行機はあきらめ
(日本行きじゃなくてよかった・・・)

夕方、ホストが帰宅するのを待つことにしました。

鍵が折れたのには、さすがのフランス人も

驚いていましたねー。

あっ、鍵は鍵穴から

ペンチで取り出したらしいですよ。

 

まぁ、ホテルじゃなくて家に泊まる、エアビーならではですね。

でも、普通鍵はそう簡単に折れないものだと思いますよ。。

【韓国 ソウル】

この時は、運悪く土砂降りでした。
そして、ソウル駅に着いたのが11時過ぎとか遅い時間
泊まるところはソウル駅から近かったのですが
これも住所がわからなくて夜中に一人で迷ったら嫌だから
タクシーを拾うことに・・・

しかし、土砂降り真夜中のタクシー
激混みでした。30分くらい土砂降りの中並んだかなー。

そして、タクシーの運転手には
「住所わかんねーよ」とか逆ギレされながら。。
ようやっとエアビーの家へ・・・

高層マンションでした。

そしたら、また


鍵が・・・

暗証番号キーを押しても開かないんです。

こんなプッシュ式のやつ。

真夜中、マジで涙が出てきました。

「なんで、いつも鍵・・・」

その時、私は一番最初にもらった案内メールをスマホで
見ていたのですが。。。

「もしや・・・」と思いました。

リマインドで最終版でももらっていて、
鍵の開け方が丁寧に載っているあの資料
そこにある暗証番号をもう一度確かめてみよう!

私はちゃんとそれを印刷して持ってきていました。

そしたら、そしたら、

違う番号でした・・・
おい!ホスト!私は死んでしまうぞ!

(あとでクレームのメールを出したら、
「ごめんなさい。最近番号を変えていました・・・」って)

夜中土砂降りの中タクシー拾って
挙句、異国の地のマンションで誰もいない廊下で
鍵と格闘・・・・

疲れた・・・本当に・・・

 

ベットに倒れた私・・・

 

でも、その時も

心のどこかで

「まぁ、大丈夫。だって死ぬわけじゃないから・・・」

「そして、私は運がいいから。何とかなるから」

と危機を乗り越えるためのメンタルトレーニングもしていました。

「大丈夫。金さえあればどこかに泊まれる・・・」と。

これもホテルではなくエアビーならではですね。。。

って、こういうことも滅多にないと思いますよ。。。

チャレンジャーの方は、海外でエアビー泊まって
みてください!

ソウルのエアビー、いい感じの部屋でした。

そして・・・エアビー事業撤退

今月、2017年8月。エアビー始めて1年1ヶ月で撤退します・・・

残念ですが。

理由は、赤字が続き、そして、今後も黒字を見込めないからです。

これまでの、売り上げは以下の通りです。

2016年
7月    ▼ ¥50,352
8月    ▼ ¥9,858
9月    ▼ ¥5,805
10月    ▼ ¥6,657
11月    ▼ ¥2,102
12月        ▼ ¥8,154
2017年
1月    ▼ ¥8,661
2月    ▼ ¥8,417
3月    ▼ ¥31,132
4月    ¥27,811 ← 初の黒字!!
5月    ¥11,839
おっ、2ヶ月連続黒字!これは・・・!
6月    ▼¥34,497
ガーーーーン

で、撤退決めました。。。。

ずーっと、ビミョーな感じだったんです。
ちなみに稼働率は大体8割くらい。かなり良かったです。

「年末の休みにはいけるかも!」
「花見の季節になったらいけるかも!」って
願って、続けてしまいました。

でも、肝心な管理会社の人が
「この先、このくらいのワンルームのエアビーは厳しい。
今でも6人以上が泊まれるような大きめの家とか部屋であれば
結構な売り上げを続けている」と。

結局、導入の際の85万円+赤字+現状回復代(現在見積もり中)という結果・・・

これで私のエアビー参入の物語は終わりました・・・

・・・ったく、人生って、事業って一筋縄でいきませんねー。涙

まとめ
・結局、損だけで終わりましたがやって気は済みました。
「どーしてもやりたい!」って思っていたので、やらない方が
後悔したと思います。
・エアビーは賃貸業とも違う、投資であるということ。
管理会社に全てを任せて楽ですが、逆に自分で工夫したり
手を出すことができません。集客はそもそもエアビー頼みです。
他にはどうすることもできません。
・これからやろうかという人は、6人以上泊まれる
大きな部屋だと結構安定した収入になるようです。
ただ、そういう物件が少なくなってきています。
・損切りの仕方、難しさを体験できたのは良かった。
本当は3ヶ月赤字だったら、撤退とか思ってたのに
踏ん切りがつかなかった。。。

 

最後に、エアビーに泊まることに関して言えば
海外でエアビーに泊まるのは面白いですよ!

鍵折れることは滅多にありませんから。

日本じゃありえないことが経験できてオススメです!

******************************

上原千友
瞑想インストラクター・人材育成トレーナー(体験型ワークショップやっています!)・早稲田大学非常勤講師
小学校の教員後、法人向け研修会社でコンテンツ開発、インストラクターをする。

上原千友のプロフィール

「学ばない」自己啓発セミナー

「体験型」ワークショップ

「自分を変える扉を開く 3ステップ」はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓

自分を変える扉を開く 3ステップ詳しくはこちら

 

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP