やりたいことが見つからない20代に必ず踏んでほしい、4ステップ

やりたいことが見つからない、全ての20代の人たちへ・・・

「やりたいことが見つからない」と悩んでいる人は多いようです。
特に若い20代はそう。
社会に出て働き始めたら、こんなはずじゃなかったって感じ・・・
じゃ、あらためて「やりたいことはなんだろう」って考えてみると
見つからない・・・そして、悩むわけです。

そんな「やりたいことが見つからない20代」に
「やりたいことと出会う」4つのステップを紹介します。

もしかしたら、ステップの1とか2くらいで
ハッピーな気持ちになれるかもしれない
そんな強力な方法です。

ステップ1 「やりたいことが見つからない」ことを「悪い」と思わないこと

そもそもあなたは「やりたいことが見つからない」ことを
「ダメだ・・・これじゃいけない」と責めたり、
自己否定していませんか?

大前提として
20代で一生やりがいを感じられるような
ことや仕事に出会うことは難しいものです。

ごくまれに芸術家やスポーツ選手は
10代でそんなことに出会えますが
たいていの場合は無理なのです。

また、「やりたいことがない自分を責めている」とは
自己肯定感を下げているとも考えられます。

その状態では
たとえ「やりたいことを見つけた!」と思っても
また、何かの機会には
「でも、やっぱり、これじゃないんじゃないか・・・
だって、○○がない」とか
「でも、これからの時代には合ってないんじゃないか」
とか不安が必ず出てきてしまうのです。

それは根本的に自己肯定感を持てないところから
出てくる不安です。

だから「やりたいことがない自分を責めている」状態を
変えない限り根本的な解決にはならないのです。

と同時に、「やりたいことと出会う」には
心の状態がリラックスして
エネルギーが満たされている状態で
なければなりません。

なぜなら、焦って探している時や不安で探している時は
そんなに「自分にはいい!」と思わないことでも
「これでいいや!」と感じてしまいます。

例えてみれば、服を買いに行く時に
焦っていたり、「皆が持っているこの服を自分だけ
持っていないなんてかっこ悪いし・・・」という
不安の気持ちがベースにあって
選んでしまうようなもの。

それは「自分は心から欲しい」というもの
ではありませんね。

それと同じです。

では、不安や焦りをなくす、
心のエネルギーを満たすこと、
それにはどうしたら良いでしょうか。

具体的な方法としては「瞑想」がオススメです。

瞑想は脳をスッキリさせるだけでなく
心を落ち着け、そしてエネルギーを高める方法として
最適なのです。

詳しくはこちらをごらんください。
↓ ↓ ↓ ↓
瞑想のやり方 超シンプル5ステップとその驚きの効果20選

瞑想のやり方で、これだけは押さえておきたい3つのポイント

生命力の強い人が持っているものと、その高め方
まずは第1ステップ
「やりたいことが見つからないことを悪いと思わない」
をクリアしてから、第2ステップに進んでみましょう。

ステップ2 自分の好き嫌いを明確にするために体感を高めること

自分のやりたいことがわかるためには、
まずは好き嫌いを感じることが第一歩です。

「好き嫌いくらいは十分わかっている」
そう感じているのであれば
この第2ステップは飛ばして、
次の第3ステップに進んでください。

でも、パッと思い浮かばないようでしたら
やりたいことがわかるために、
好き嫌いを感じる一番の方法である

体感覚を取り戻す」ことをやってみましょう。

体感覚とは「視覚」「聴覚」以外の
「自分が感じる感覚」のことです。
この感覚を取り戻すことで、自分の「好き嫌い」を感じる
センサーが高まります。

これが本当に自分が「やりたいこと」がわかってくる
こととつながります。

「感覚」なので頭で考えるよりも
ずっと簡単にできますね。

具体的にはこれらです。

1 自然と触れ合う
2 体を動かす
3 瞑想する
4 体験してみる

詳しくはこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓

これだけだったのか!誰でもスグできる究極の不安解消法

自分らしく生きるためのはじめの1歩になる、バランス運動

【自己啓発セミナー】すぐに役立つ体験型セミナーは、ブレない。忘れない。押し付けない。

ステップ3 やりたくないことを書き出す

ステップ1 心のリラックスさせ、エネルギーを上げる

ステップ2 体感覚を取り戻す

この2つがクリアできていれば
「ああ、やりたいこと見つけなきゃ」とは、ほぼ思っていないでしょう。

でも、その上で「やりたいこと」をどうしても見つけたければ

ステップ3 やりたくないことを書き出す をやってみましょう。

人は何事もネガティブなことに目を向けがちです。

ですから、「好きなこと、やりたいこと」を探すより
「やりたくないこと」を探す方が得意だし、簡単なのです。

これリストアップしてみて、やりたくないことから
やりたいことが見つかってくる可能性は大です。

・満員電車に乗りたくない
・楽しくない飲み会には出たくない
・早起きしたくない
とかなるべく詳細に、50個くらいは列挙してみましょう。

でも、これまでの段階を経てステップ3まで来てくださいね

そうしないと、結局ステップ1からの繰り返しになってしまいますから。。。

ステップ4 ワクワクすることを書き出す

さぁ、これで最終段階にきました。
これまでの人生でワクワクすることはどんなことだったのか
思い出してみましょう。

幼稚園のとき、小学校のときにはきっとあったはずなのです。

そのことを思い出してみましょう。

何をして遊びましたか?
そして、その時の気持ちは?

また、子どもの頃別に努力しなくてもパッパと
やれたことはなかったですか?

そんなことを思い出して列挙してみましょう。
これも50個くらい出せるといいですね。

それをKJ法でカテゴライズしてくと
自分のやりたいこと」は見えてくるはずです。

その領域と職業を結びつけることができれば
自分に最もふさわしい職業が見つかるでしょう。

さて、最後に・・・

本当に「やりたいと思えること」それは見つけるもの、
ではなく「出会うもの」です。

たとえてみると親友みたいなものなのです。

あなたの親友を思い浮かべてみてください。

そして、その人との出会いを思い出してみてください。

その人は「親友探し」をしていて見つけた人ですか?

違いますよね。

ほとんどの場合、「出会った」んだと思います。
そんなふうにして「やりたいこと」とは出会うのです。

あなたが、
心をリラックスさせて、エネルギーで満たし、自分を肯定したとき
そして
自分の体感覚を呼び戻したとき
そして
嫌いなこととワクワクすることを意識できるようになったときに

「やりたいこと」と出会うことができると
思います。

ですから、焦らず、不安にならずに待ち続けてみてください。

 

**************************

上原千友
瞑想インストラクター・人材育成トレーナー(体験型ワークショップやっています!)・早稲田大学非常勤講師
小学校の教員後、法人向け研修会社でコンテンツ開発、インストラクターをする。

上原千友のプロフィール

「学ばない」自己啓発セミナー
「体験型」ワークショップ
「自分を変える扉を開く 3ステップ」はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓
自分を変える扉を開く 3ステップ詳しくはこちら

関連記事

カテゴリー

PAGE TOP