【自己啓発おすすめ】オススメの本 「仕事の哲学」安田正著

The following two tabs change content below.

上原 千友

日本一わかりやすい自己啓発・瞑想インストラクター。これまで小学校の教員として、また、大学生、社会人、外国人に講師として約1000人以上、のべ1万時間の授業・セミナーを行ってきた。特にビジネスパーソン向けの「わかりやすい話し方」研修の経験を踏まえて、「日本一わかりやすい体験型自己啓発・瞑想セミナー」を実施中。 

オススメの本、

1冊くらい自分の本出してもいいですかねー。

「一流の役員が実践している 仕事の哲学」
(安田正著)

著者安田正氏は私の元上司、

勤めていた会社の社長でした。

 

 

私はオリジナルの研修コンテンツを社長と共に開発し

著作も、この「仕事の哲学」のほか


「英語は『インド式』で学べ!」

累計16万部

「超一流の雑談力」

累計60万部以上のヒット作品を共に制作しました。

 

 

研修のクライアント企業の役員の方々と

交流のあった、安田社長は

役員の方々の行動や習慣について

聞く機会も多く、その共通の行動や習慣を

まとめ、ある種の成功法則を本にしました。

 

 

この本の帯には

「平社員では、90%がメールすらしない
部長でも、80%の人がお礼を言わない
役員は、100%朝7時にお礼メールが来る」

とあります。

これは真実なのです!!

私も安田社長と一緒に役員の方々との接待に同行させてもらいました。

すると、まぁ役員の皆さん例外なく

朝イチで私にもメールを送ってくださいました。

なんか本当に習慣になっているんですよね、そういうことが。

お礼メールくらい、ちょっとしたことなんですが

私たち一般人はそのちょっとしたことがなかなかできない。

なかなかできなっていうのは、続けられない、ってことだと

思います。

「ちょっとしたことをずーーーーーーーっと続けられること」

それが一流なんですねー。

ちなみに著者の安田社長のお礼メールはとにかくすごかったです。

名刺交換したありとあらゆる方々に、絶対次の朝に送っていました。

もちろん何十枚って時もありますから、そういう時は秘書が代筆。

そういう感じで、昼間のアポとかだったら、アポが終わったら

すぐ秘書に電話して、お礼メールの内容を伝えていました。

「そうしないと忘れちゃう」んだそうです。

そう、一流の人は一番忙しいのにレスポンスが一番早いのが

共通の特徴です。

報・連・相などはその最たる例です。

 

「忙しい人ほど、

レスポンスが速く

たいしたことをやっていない人ほど

レスポンスが遅い」

というのは本当です。

信頼関係は、小さな行動や約束の積み重ねです。

そんなところで、皆さん信頼関係を作っていくんですね・・・

そういえば、このレスポンスの速さで思い出すのが・・・

ヤクザも電話はいつもワンコールで取るのが習慣だ、って

元ヤクザの人が書いてました。笑

オススメ本 「親のようにならない」が夢だった 加藤秀視著

その理由は、

そのレスポンスの速さの重要性を

知っている、というのがあると思います。

あるいは、レスポンスの速さから

「緊張感」が伝わってきます。

常に、何か外からの伝達やコミュニケーションを

気にかけている、

察知する能力が高い、ということです。

ヤクザの場合には、それで指が飛ぶ場合があるわけですから
そりゃー、緊張するわ。。。

ということで、一流とヤクザは「緊張感」という
共通点がありました 笑

 

たった、メールや電話のレスポンスで

こんなことだけで

一流か二流かがわかってしまうわけです。

 

 

総じていうと、

この「仕事の哲学」には成功者の自己管理能力について

割とフォーカスして書いてあると思います。

 

「自己管理能力」はやはり

どの世界、例えば芸術家、アスリートなど

皆そうですよね。

 

 

それは本当に、小さな小さな習慣や

コントロールの積み重ねであり、

それが全体としての

「自己管理」につながっていく、

それははたから見ると

「あー、ストイック。

私にはとてもできない」と

思ってしまうのだけれど、

オリンピック選手なども

そうであるように

当の本人たちは

大きなゴール(金メダル)に

向かって、ストイックというより

淡々と積み重ねていく、

という感じなのでしょうか。

 

そう考えると、

特別な才能のいらない

小さな積み重ねは

「私にもできるかも」と

ちょっと、希望が持てる本です。

 

**************************

上原千友
瞑想インストラクター・人材育成トレーナー(体験型ワークショップやっています!)・早稲田大学非常勤講師
小学校の教員後、法人向け研修会社でコンテンツ開発、インストラクターをする。

「学ばない」自己啓発セミナー
「体験型」ワークショップ
「自分を変える扉を開く 3ステップ」はこちらから

↓ ↓ ↓ ↓
自分を変える扉を開く 3ステップ詳しくはこちら

 

カテゴリー

PAGE TOP