漢字ってすごい!

3年位前から、「東洋思想」の講座を

その世界では権威でいらっしゃる

田口佳史先生から学んでいます。

まずは「論語」から受けました。

この最初の講座に感銘を受けて以降

ずっと受講させてもらっています。

古典はすごいですね。

まさに人類の英知。

そんな内容もさることながら、

古典を学んで改めて

「漢字のすごさ」にも感銘を受けています。

漢字は本当に奥深い。

例えば

「よろこぶ」

という漢字、思い浮かびますか?

「喜ぶ」

をたいてい思い浮かべるかと

思います。

しかし、

「喜ぶ」

以外にも

「悦ぶ」

とか

「歓ぶ」

とか

「慶ぶ」

なんていうのもあるんです。

でも、すんません。

ググって調べた私です。

知っていたわけではありません。

まっ、それは置いておいて

「よろこぶ」だけで

4種類。

すごくないですか!

漢字はこういった意味の違いで

使い分けられる。

特に古典の場合、明確に使い分けています。

そんなことも東洋思想の講座では学べます。

こうやって、使い分けて書かれている文章を

理解できる、ということは

「よろこぶ、という感情が細やかに理解できている」

ということであり、

漢字というのはある概念を意味していますから、

「細分化した意味を理解できるということは

思考が深い」ともいえます。

つまり、漢字を使うだけで相当地頭力が上がるんですよ。

今、中国は簡体字という漢字を簡単にした

文字を使ってしまっているし、韓国もハングル文字に

なってしまいましたね。

ちゃんとした漢字を習うのは、今や日本だけです。

ということは、地頭を良くするチャンスを

日本だけが持っている、ということです。

漢字においては。

そんな再発見をさせてくれたのが

東洋思想の講座でもありました。

日本一わかりやすく瞑想が学べる本を無料で読めます

私は瞑想をはじめてから、


あれこれ迷ったりすることがなく

瞬時に直感でなんでも決断できるようになりました。


頭がごちゃごちゃになったとき


先が不安になり、


心がざわざわするとき


考えても仕方ないことを何度も何度も考えてしまうとき


そんなとき、瞑想をします。

すると・・・
頭がスッキリし、
未来の不安ではなく、
今目の前のことに集中できるように

そして

3秒で優先順位が決められるようになります。

イライラがなくなり
ネガティブな感情を持つことが
ほとんどありません。

むしろ、なんでも「ありがたい」です。

そして、そんな感謝の気持ちで
いられるせいか
周りの人が応援してくれることが多くなりました。

何より、瞑想をすると
「本当の自分に気づくこと」ができ
「自分らしくあること」ができます。

それを頭ではなく、体感することができます。

「自分らしくあること」は
自分を最大限に生かし
自分自身を大切にできること・・・
そんなこととも繋がっています。

ぜひ、多くの人に
瞑想の絶大な効果について
知って欲しくて、ブログを書いて
情報発信しています。

もし、興味あれば
そんなことを知ることができる
メルマガを読んでみてください。

メルアドで登録すると「日本一わかりやすく瞑想が学べる本」が読めます!

ぜひ「あなたらしくある」第一歩を踏み出してみてくださいね。

↓無料プレゼント付きメールストーリーを読んでみる↓

 



  *


 

人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

ただのストレス解消法だけでない、
人間関係、仕事、恋愛、家族
お金、健康・・・それら「人生を変える力」を持つ瞑想の基本をお伝えする電子書籍。
アマゾンキンドル「リーダーシップ」「思想・哲学」カテゴリで堂々1位!!

今だけ無料で公開しています。

(メルマガ登録で受け取れます)
人生を変える瞑想実践のための特別プレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

日本一わかりやすい自己啓発・瞑想インストラクター。これまで小学校の教員として、また、大学生、社会人、外国人に講師として約1000人以上、のべ1万時間の授業・セミナーを行ってきた。特にビジネスパーソン向けの「わかりやすい話し方」研修の経験を踏まえて、「日本一わかりやすい体験型自己啓発・瞑想セミナー」を実施中。